• 中嶌 尚平

春の嵐


夜になって雨も降りだし、

雷も鳴っています。

朝からどんよりして永田岳も見えませんでした。

目を覚ますと風がうなっており、これは時化ているな〜と、船を出すのをやめました。


南西風。

前線が近づくとこれが強まり、不思議ですが島の北西部にある永田は嵐になります。

今日くらい強く吹くと島のどこにいても、風が回り込み影響を受けます。

と思いきや南西部にある中間集落は風がそれほど強くなかったりします。。。

波は高かったようで、

どちらにしても船は出せません。

つい先日は南東の風が吹き荒れ、

フェリー屋久島2が入港10分前に引き返すという熊本のおしげさんなら

発狂寸前の事態でしたが、

吉田や永田では


こんなべた凪。


根魚ばかりで期待の青物はこなかったけど釣果もまずまず。

うわさはよく聞くんだけどな〜。

その夕方は吉田港の恵比須祭り。



船主たちが集まって、お参りして飲み方。

直会(なおらい)といいます。

OneDropも会に入っているので神様と語らってきました。

こうして地元のひとと語っておくといろいろ安心なのです。

ところでちょっとうれしいことが。

シーズン前に車検を済ませたら、

中も外もぴかぴかになって帰ってきました。

タイヤも交換して安心してお客さんを迎えられそうです。


変わりやすい春の天気ですが、雨上がりの新緑がますます勢いづいて、

気持ちのよい日々を過ごすことができます。

日射しはかなりきつくなってきました。


雨予報がはずれ気持ちよく晴れた日に山に散歩に行ったら、

新緑に混じってアオダモの花がたくさん咲いていました。

もうしばらくは楽しませてくれそうです。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示