• 中嶌 尚平

ファミリーカヤックにて


夏休みということで家族連れのお客様が多く、

まだ小さな子供もたくさんきます。


先日の五歳の男の子。

リバーカヤックツアーでお父さんと二人乗り。

前に座り、のんびりと思いきや、


“お父さんさぼってます。時々怒られてました”

ずっと漕ぎっぱなし。

ひとりで漕いでもぐいぐい進む。

結局、まだ漕ぎたい、15歳のお兄ちゃんも遊び足りない、

ということで安房川ツアーに続いて、

翌日もツアーに参加してくれました。


“子供サイズのカヤックに乗せてあげたかったな”

今日はポイントも変えひとも少ないところへ。

こんどはひとりで漕ぎたいというのでシングル艇に挑戦。

ちゃんと漕げてる。

滞在中、

縄文杉まで歩き通し、

安房川で漕ぎまくり、

海亀ボランティアで夜遅くまで作業して、

白谷雲水峡で太鼓岩までちゃんと往復したうえでの、

今日のツアーでした。


“おにいちゃんとお母さん一緒にジャンプ!!”


“こっちも負けずにジャンプ”


“釣りキチ父ちゃんとハゼ釣り”


一見おとなしそうなんだけど、

最後はまだ泳ぎたいとごねてました。。

すごい体力。

負けてるかも。

飛び込みもしたし、

ハゼ釣りもして、

たくさん泳いで漕いで。

ワンドロップでは

“川きれいだったね、屋久島って海もきれいなんだね”

だけでなく、

“パドリング楽しかったね“”

“また漕ぎたい”

と思ってもらえるようなツアーを心がけています。

が、

五歳児でもこんなにできるんだな〜、と

感心しました。

ちゃんとアドバイスも理解して実行するので、

こっちもつい熱がはいりました。


“仲良しS島ファミリー”

どこでもいい。

またカヤックに乗ってほしいものです。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示