• 中嶌 尚平

釣行近況


本日は前線の影響でシーカヤックツアーをリバーカヤックに

変更させていただきました。

そこそこの雨が降りましたが、前向きなお客さんといっしょに

静かな川を楽しんできました。


北東の風が強く吹き、

天候は崩れやすく、

じきに北西の風が吹き荒れる季節になるでしょう。。。

北での釣りが難しくなる前に、

行ってきました。

ジギングメインの釣行です。

ちょっと長くなってしまいました。

気長に読んでいただければと思います。

第一日目。

午後から出艇。潮がすぐ止まってしまい、

のっけから沈黙してましたが、

初物のムロアジが釣れるも、暴れて取り込みに失敗。。。

”あょ〜”

となって

その後もいい魚信があるものの、

ばらしたり、

切られたり(切れたり?)。

最近は仕掛けを細めにして、

臨んでいたのですが、

ちょっと引きが強いとすぐ切れる。。。

結び方もまずいんだろうな。

この時はリーダー8号に

アシストリーダーとして6号をダブルにして補強していたけど、

あっさり。

PEラインは3号。

一日目は空しく暮れていきます。


潮が動けば魚の雰囲気は感じられるので、

気を取り直して二日目10/7は朝から。

中潮。

10:31満潮。

今日は東寄りの風が8m/sの予報。

波は2.5mまで上がるらしい。

風裏でエスケーププランも用意して、

6:50出艇。

今日はPE3号にリーダー8号。

しかしいきなり切られる(切れる?)。。

なにかそれなりの奴がいるのは間違いなさそう。

仕掛けを作り直し、

気を取り直して、

目的の70mラインまでパドリング。

風が思いのほか周り込み、

うねりもあり、

しんどい状況になってきたところで、

底の方でいい魚信!!

けっこう重い!!

なんだなんだ!?

この重さはもしかして、いいサイズの!!

がしかし、

ナンヨウカイワリ30cm。。

スレ掛かりのためか重く感じたのでした。

写真を撮る余裕なし。


まだ 余裕のある時の状況。

もう戻るのも面倒なくらい風も波も強くなってきたので、

風下の風裏に向かうが、

そこまでも風波が。

多少はましなので、

ジグを落とす。

とそこにまたまたいい魚信!!

期待してあげると

なんだこりゃ!?



風が強くて上手く撮れない

カワハギ?

30cmくらい。

こんなサイズのカワハギは釣ったことがない。

正確にはモンガラカワハギかな。

上記の二種はまったく違うものらしいですね。

おいしいけど、正直釣れてもあまりうれしくない。

顔は一見ブダイの様でもあるが。

恐らくモンガラカワハギ科のメガネハギか??

疲れたので浜に上陸。


しばし休憩。

排水。


けっこう溜っている。

そして再出艇。

風もつよいのでもう瀬際でアカハタでも釣れたらいいな、

と思ってたら小さなニジハタGET。

そして何となく少し沖の方の35m付近を漕いでいると、

よさげな根が立っている。

すかさずジグを落とし、

20回しゃくり、

間をとったところでガツンときた!!

やった!!

小さいながら大本命


スジアラ。

そしてその後大変なことになりました。

なんだか風が落ち着いてきたのです。

そんな気がしたんです。

そのまま風下に下るのを止めて、

狙いの70mラインに戻ることに。

釣れたばかりで気をよくして

ぼちぼち漕いで戻ると、

全然吹いている。。。うねりもある。。。

せっかく戻ったので、何度かジグを落とすが、

やりづらい。。

ここまで戻ったら、

出艇場所に戻りたいし、

15時過ぎたので帰り始めることに。

強い向かい風だが、

おしげさんとの数々の釣行に比べればまだまだ。

と、さらに強まる風。。

時折のさらなる突風は身を屈めてやり過ごす。

時速0ノット。

深呼吸を繰り返し、

パドリングのギヤを上げるが、

進んでる?

山からの降ろし風が海面を走ってくること度々。

普段なら5分の距離をどれくらいだろう。

30分?


虹が迎えてくれた。

うーん疲れた。こりゃあしたはだめだな。


ちなみにお持ち帰りはこれだけ。。

しかし翌日、天気もいい。

なぜか氷も買ってきてしまったし(もったいない)、

仕掛けを作ってたら、行きたくなってきた。

そして三日目。

午後から潮も動く!!

ちなみに小潮だが、どんな状況になるのか楽しみだ。

今日はシンプルにPE2号にリーダー10号にしました。

アオチビキ、

ムロアジ、

スマガツオ

となぜか青い奴ばかり調子良く釣れものの、

手返し悪く、

連発といかず。。

でも血抜きもちゃんとしておいしく食べたいし、

そんなことしていると、流されてどこにいるか分からなくなるし。。

短い時間だけどおいしいのが釣れたので戻ることに。

なぜか港にいた友達と飲むことになりました。


カメラを忘れたので、友達が造ってくれた証拠写真。

左上がアオチビキ。右上はムロアジ。

手前がカツオ半身。

もう半身も三人でペロリといただきました。

ふたりはカツオ絶賛だったけど、

ムロアジがうまかったな。

こんなにうまいならちいさくてもいい。

もっと釣りたい!!

ということで三日間連チャンの話でした。

長々と読んでいただきありがとうございました。

もっといい報告ができるようにがんばります。


0回の閲覧

 お問い合わせはこちらクリック

代表者  中嶌 尚平

電話番号 0997-45-2231       

携帯電話 080-1291-1262

住所   鹿児島県熊毛郡屋久島町永田3051

E-mail   onedropyakushima@gmail.com

                                                            Onedrop kayak service since 2015